【オンライン作家展】十三代 和田美之助作 州浜地紋 真形羽釜 南鐐摘み 風炉用

【オンライン作家展】十三代 和田美之助作 州浜地紋 真形羽釜 南鐐摘み 風炉用
【オンライン作家展】十三代 和田美之助作 州浜地紋 真形羽釜 南鐐摘み 風炉用

税込、送料無料!
特売品 高級茶道具
作品展 お茶会

★この作品は、すでに完成しております。
共箱のみ、ご注文頂いてから作成します。
発送は約半月後、京都より発送されます。

¥250,000 (税込)

在庫1個

数量

◆羽釜とは
羽とは釜を風炉などの肩縁に掛けるために、釜の胴と底の繋ぎ目の部分についている薄板状の縁のことをいいます。
◆錣羽(しころば)とは
茶湯釜の羽の形状のひとつで、羽が胴の付け根からすぐに曲線をつくって下方に向かう形状のものをいいます。

錣羽は、「錏羽」とも書きます。

錣とは、兜や頭巾などの下部に布や縅などを垂らし後頭部を保護する覆いのことで、羽の形が兜の錣のように丸みを帯びていることからこの名があるといいます。

◆南鐐とは
良質の銀の呼び名で、もとは輸入された良質の銀だったのが、やがて良質の銀を意味するようになったもの。
その名称は、中国の銀の産地の南鐐という地名から取られたという。

★寸法
高さ  18.8cm(摘み含む)

径 22.3cm
この商品は共箱、紙箱、経歴書付きでの販売です。

以前にこの商品を購入したことのあるログイン済みのユーザーのみレビューを残すことができます。